IFとANDで合否判定(配列)

e0080122_926446.gif

上図の合否の判定の基準は、実技・筆記・面接すべてにおいて80点以上が合格、それ以外は不合格というものだ。
通常ならば、IF関数とAND関数を使って
=IF(AND(C3>=80,D3>=80,E3>=80),"合格","不合格")』の式を作るが
AND部分が無駄に長くなってしまう場合は、配列を使って組み立てると便利だ。

=IF(AND(C3:E3>=80),"合格","不合格")』と入力してから
配列なので Ctrl + Shift + Enter で確定する。
あとは、必要分だけ下方向へとコピーする。
[PR]
by slayer0210 | 2005-11-22 09:32 | エクセル一般


<< 罫線のみ削除するマクロ 横方向の表を縦方向に >>