目次シート作成(イベントマクロ)

以前に目次シートの作成でも紹介したが今回はイベントマクロで目的のシートを選択してみた。
シートには予め「目次シート」というシートを作成しておき、このシートモジュールに下記を記しておく。

Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)
  If Target.Column <> 1 Or Target.Value = "" Then
    Exit Sub
  End If
    Sheets(ActiveCell.Value).Activate
End Sub

また、標準モジュールには

Sub 目次リスト作成()
 Dim i As Integer
 Columns(1).Clear
   For i = 1 To Sheets.Count
     Cells(i, 1).Value = Sheets(i).Name
   Next
End Sub
などと記しておき、目次シートに最初から作成していたボタンをクリックすると目次が更新されるようにしてみた。

以前目次シート作成で紹介したマクロはシート名を日付データなどにしていた場合にはリンク機能が上手く働かなかったが、今回は大丈夫だ。
相変わらず雑なコーディングだが目的のものができたので良かった。
e0080122_0313622.gif

e0080122_036115.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-12-22 00:36 | マクロ


<< 塗りつぶされたセル数を数える(... 他のデータの変更をさせない? >>