IFのような使い方のCHOOSE

下表のようなものがあって、特別手当額を表示させるときは通常はIFやVLOOKUPなどを使う場合が妥当だ。
IFでやる場合は『=IF(C3=300,"5万円",IF(C3>=200,"2万円",IF(C3>=100,"1万円","なし")))』のような数式を作る(個人的だが)。だけど、何個もIFを入れ子していくと自分がなにをやってるか見失う場合も多い。

よって今回はCHOOSEを使ってみた。
D3セルに『=CHOOSE(C3/100+1,"なし","1万円","2万円","5万円")』と入力。
ここでポイントとなるのはインデックスとしてC3/100+1を使用する点だろうか。
またこのインデックスは小数点以下の値でも整数部分だけが使用されるのでINT等は不要だということだ。
e0080122_18751100.gif

CHOOSEを使うのは好みによるが、少なくとも数式的にはすっきりしてて見やすい。
しかしVLOOKUPなどを使うのが王道だとは思うが。
[PR]
by slayer0210 | 2005-12-24 18:14 | エクセル一般


<< 重複した行を削除する(Adva... CHOOSE関数でデータを選択 >>