年齢計算

年齢や経過年数などを調べるにはDATEDIF関数を使うと便利だ。
この関数は、ダイアログボックスが使用できないのでセルに直接入力となる。

下図の場合は、C2セルに『=DATEDIF(B2,TODAY(),"Y")』と入力する。
これで基本的な年齢は算出される。
しかし図ではそれだけでもアレなので、"歳"や"ヶ月"などオマケでつけてみた。
e0080122_17345651.gif

単位部分もかなり豊富なので目的に応じた引数を入力するとよいかと。
[PR]
by slayer0210 | 2005-12-26 17:36 | マクロ


<< 表から検索し表示する(VLOO... 重複した行を削除する(Adva... >>