PRODUCT関数で積を求める

数値の乗算をする場合は通常は『=A1*B1』のような式を立てる。しかし乗算する数値が複数に及んだ場合は、いちいち『*』を入力するのも面倒なときがある。
そんなときはPRODUCT関数を使用するとよい。
e0080122_7421876.gif

PRODUCT関数を用いて積を求めた場合には、文字列、理論値、エラー値などは無視され、
数値のみの乗算となるので、『*』で計算した時のようなエラーが出ない。
[PR]
by slayer0210 | 2006-01-30 07:46 | エクセル一般


<< TEXT関数で数値と文字列を結合 任意の範囲に写真を挿入する >>