カテゴリ:エクセル一般( 55 )

行列を入れ替える(関数)

表のデータの行列を入れ替える場合は、通常は『形式を選択して貼り付け』で『行列を入れ替える』を選択する。
今回はちょっと変わった手で、TRANSPOSE関数を使ってみる。
e0080122_21505723.gif

上図のように、予め表示したいセルを選択しておいて、TRANSPOSE関数を挿入する。
これは配列なので、Ctrl+Shift+Enterで確定すると、一気に表示される。
[PR]
by slayer0210 | 2005-12-05 21:53 | エクセル一般

図を参照する

e0080122_22361936.gif

上図のような表(?)を作ってみた。
選択商品は、入力規則のリストを使用している。ここで選択商品名が決まったら、この表の下にイメージ図を表示させた。
また、商品のセルが空白の場合は自動的にカートが表示されるようにしている。

これは、予め表示させたい画像を別シート(同一シートでも可)に貼り付けている。
そしてそれらの画像を配置しているセルに名前をつけているのだ。
e0080122_2243116.gif

また、名前の定義を利用して表示させたい場所にある画像を選択し下図のように設定する。
e0080122_2248923.gif
また、選択された画像に対して『=画を引っ張る』とかの式を入れておかねばならない。
上手く説明が出来ないが、目的の物が完成したので良かった。
[PR]
by slayer0210 | 2005-11-24 22:52 | エクセル一般

IFとANDで合否判定(配列)

e0080122_926446.gif

上図の合否の判定の基準は、実技・筆記・面接すべてにおいて80点以上が合格、それ以外は不合格というものだ。
通常ならば、IF関数とAND関数を使って
=IF(AND(C3>=80,D3>=80,E3>=80),"合格","不合格")』の式を作るが
AND部分が無駄に長くなってしまう場合は、配列を使って組み立てると便利だ。

=IF(AND(C3:E3>=80),"合格","不合格")』と入力してから
配列なので Ctrl + Shift + Enter で確定する。
あとは、必要分だけ下方向へとコピーする。
[PR]
by slayer0210 | 2005-11-22 09:32 | エクセル一般

1行おきに足し算

例えば、下図のような表があり2行おきに足し算する場合は、Row関数、Mod関数を使って求めると便利だ。
MOD(ROW(D3),2)=1』 このような式の意味だが、D3は奇数行だということだ。
又、『MOD(ROW(D3),2)=0』だったら偶数行。
これを踏まえて『{=SUM(IF(MOD(ROW(D$3:D$8),2)=1,D$3:D$8,0))}』とする。
配列数式なので、Ctrl+Shift+Enterだ。
e0080122_12332353.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-11-20 12:35 | エクセル一般

TEXT関数で数値を日付に

日付のつもりで入力されている日付データをyyyy/mm/ddのような形で表示するためには
Text関数を使うと便利だ。
e0080122_915383.gif

この場合は、数値入力されているセルではなく他のセルに表示してしまうが、
同セルに表示するためには、セルの書式設定を使ってみた。
e0080122_991025.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-11-18 09:10 | エクセル一般

連続した文字を作る

1,2,3・・・などの数値ならばたやすく連番を作ることができるが、これが文字ならばどうだろうか。
例えば、A,B,C・・・や あ,い,う・・・などで考えてみる。
適当なセルに『=CODE("A")』と入力してみて、コードを調べ65と判定される。その要領でBも調べてみたら、66だ。
よって下図のように関数をいれて連続文字を表示させてみた。
e0080122_1123484.gif

また、平仮名『あ』も調べてみたら、9250。『い』は9252。
よって、下図の入れたら連続する文字が表示された。
e0080122_11342166.gif
ただし、平仮名の場合は、濁音が入ってくるため思うようには表示されない。
[PR]
by slayer0210 | 2005-11-16 11:35 | エクセル一般

カレンダーの土日・店休日に色を付ける

下図のカレンダーがあったとして、土日及び店休日に条件付書式で色をつけてみた。
また、C列には店休日と表示させるために、Countif関数を用いてみたが、Vlookupのほうが良かったかも知れないと思っている。
ここでのポイントは、予め店休日リストを作っておくということだろうか・・・
またこれは、祭日にも応用できるので便利だ
e0080122_22305753.gif

条件付書式は下図のように、設定している。
e0080122_22323230.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-11-14 22:33 | エクセル一般

数値データから日付データに変更

仮に日付データが8桁の数値で入力されていたとする。これを日付データに変更するためにはDate関数を使用すると便利だ。
e0080122_9555295.gif

なお、この場合はLeft、Mid、Rightを使って年、月、日に対応する数字を抜き出した。
[PR]
by slayer0210 | 2005-11-14 09:58 | エクセル一般

合計時間を表示する

合計時間を求めるとき、単純にSUMすると、24時間を超える場合は切り捨てられてしまう。
e0080122_841853.gif

正しく合計時間を求めたい場合は、セルの書式設定で、下図の設定を行う。
e0080122_8547100.gif
すると、このように正しく表示されるようになった。
e0080122_861130.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-11-14 08:07 | エクセル一般

Text関数で時刻表示

Text関数は曜日などを表すときにはかなり使うが、時刻を表示するときにも使用すると便利だ。
今回はA列を作業列とし、そこには時刻を3桁~4桁の数字で入力してみる。
B列に『=TEXT(A2,"00!:00")*1』と数式を入力する。
ここでポイントなのは、*1だろう。*1をすることによって、計算できる数値に変更できる。
e0080122_750296.gif

また、時刻表示したいセルには、あらかじめセルの書式設定で、下図のように設定しておくとよいだろう。
e0080122_7513658.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-11-14 07:52 | エクセル一般