カテゴリ:エクセル一般( 55 )

入力規則で重複入力を防ぐ

入力規則を使用して、重複入力をさけるには入力値の種類を『ユーザー設定』にすると良い。
e0080122_744487.gif

使用した数式は、上図の場合は、『=COUNTIF($B$3:B3,B3)=1』とする。
e0080122_7453185.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-11-09 07:48 | エクセル一般

重複データに色を付ける

重複したデータに色を付けるためには、条件付書式を使えば大丈夫だ。
データ範囲を選択してから、書式→条件付書式をクリックする。
ただ、入力する数式は『=COUNTIF($B$3:$B$13,B3)>1
この様に入力すると、重複するデータ全部に色が付く。
e0080122_13372186.gif


今度は、入力する数式をちょっと変えてみる
=COUNTIF($B$3:B13,B13)>1』と入力すると下図のように2回目出現データのみに色が付く。
e0080122_13375956.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-11-08 13:37 | エクセル一般

区切り位置を使って氏名分割

自分自身あまり頻繁には使用しないが、区切り位置というコマンドがある。
例えば、姓と名の間にスペースが含まれていたとすると、分割したい範囲を選択して
メニューバーのデータ → 区切り位置をクリックする。
e0080122_10531640.gif

e0080122_1056513.gif
スペースにチェックを付ける
e0080122_10583231.gif

必要に応じて表示先のセル番地を入れておく
e0080122_1112490.gif

すると、スペースの部分で姓と名が分離する。
e0080122_1141534.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-11-08 11:04 | エクセル一般

LeftとRightを使用して名前を分割

仮に姓と名の間にスペースがあったとして、姓と名に分割するにはLeft関数とRight関数さらに
Len関数などを使用すれば、分割できた。
人それぞれ、やり方が違うとは思うが、自分なりに簡単な方法を。

D列(姓)にスペースの位置をFindで取得し、そこまでをLeftfで出す。
E列(名)にはD列で出た姓の文字数を全体文字数から引き、その数だけRightした。
e0080122_12374492.gif
説明が下手ですが、図を見ればなんとかなるかな。
[PR]
by slayer0210 | 2005-11-06 12:39 | エクセル一般

文字列を改行して結合する

単純に文字列を『』で結合した場合は、1行で結合されて改行されない。
しかし、セルの書式設定で『折り返して全体を表示する』に設定したおくと、自動的に折り返しはつく。
この場合は、任意の位置での改行はされていない。

下図の様に、結合する文字の間に『=CHAR(10)』を入力すれば
改行されて文字列が結合される。
e0080122_7534927.gif
しかし、結果を表示させるセルには、書式設定で『折り返して全体を表示する』にしなくてはいけないが・・・
e0080122_7553487.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-11-02 07:55 | エクセル一般

カレンダー

一般的かどうかは分からないが、このようなカレンダーを作ってみた。曜日は日曜から始まって土曜で終わるタイプだ。
A1セルに作成したい月の日付を入力すると、自動的にその月のカレンダーが出来上がる。
e0080122_747710.gif

この図で説明すると、B3セルに『=A1-WEEKDAY(A1)+1』と入力して、後のセルには前のセル値+1で大丈夫だ。
そうすると、1日が始まる週の最初の日曜日が一体何日なのかが分かる。

しかし、必要ない月の日付まで表示されてしまうので、そこで条件付書式を設定して不必要な日付のフォントを
白色に変更している。
e0080122_7481058.gif

また、カレンダーを作成するセルにはあらかじめ表示形式で『d』を設定している。
[PR]
by slayer0210 | 2005-11-01 07:51 | エクセル一般

セル内改行

セルの中にたくさんの文字列を入れる時(例えば文章とか)改行をしたくなる。
ただEnterキーを押しただけでは、下のセルに移動するだけだが、Alt + Enter で任意の位置での改行が出来る。
e0080122_1643279.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-10-31 16:44 | エクセル一般

カメラ機能

表を図として貼り付けると、元表のデータを変更しても図まで修正はされない。
表も連動して修正したい場合は、カメラ機能を使うと簡単だ。

コピーしたい表を範囲選択して、カメラボタンをクリックすると、カーソルの形が『+』に変化するのでその時にクリックし、貼り付ける。
e0080122_8637100.gif

もしカメラボタンが表示されていない場合は、
ツール→ユーザー設定をクリックし下図の画面を表示させる。
e0080122_884979.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-10-28 08:10 | エクセル一般

図のコピー貼り付け(Shiftキー)

Shiftキーをおしながら編集メニューを開くと、図のコピーと図の貼り付けというコマンドが表示される。
これは選択した範囲内を図としてコピーしてくれるという便利なものだ。
e0080122_1375069.gif

例えば、シート内にすでに出来上がっている表がある場合、その下に列幅の違う表を貼り付けるは難しい。
そんな時には、図のコピー&貼り付けを使用すると、簡単に2つの表が並べられる。
e0080122_1394638.gif

この様に、表が図として貼り付けられる。
但し、元表を変更しても自動的に更新はされない。
[PR]
by slayer0210 | 2005-10-27 13:12 | エクセル一般

金種表?のようなもの

金種表みたいな感じのものを作ってみました。
取敢えずA1セルに金額を入力すれば、金種に応じて枚数を返してくれる・・・と。
e0080122_11282011.gif
5000円以降はA1セルを絶対参照しておいて
下方向へフィルハンドルすれば数式がコピーされる
[PR]
by slayer0210 | 2005-10-25 11:29 | エクセル一般