カテゴリ:エクセル一般( 55 )

セルの横方向への結合

セルを結合する場合はツールバーのセルを結合して中央揃えボタンを使用する場合が多い。
このボタンを使用すると選択した範囲全てを結合してくれる優れものだ。
e0080122_21253963.gif


しかし、選択した範囲内で横方向のみ結合したい場合は、横方向に結合ボタンを使うとよい。
e0080122_21265793.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-10-24 21:29 | エクセル一般

セルをオートシェイプに・・・

オートシェイプの中に、入力済みのセル(文字列or数字)を参照する方法は、オートシェイプを選択し、数式バーに『 = 参照するセル 』を入力するとよい。
e0080122_22451739.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-10-02 22:45 | エクセル一般

テキストの追加

右クリックメニューに、『テキストの追加』というものがある。
図形に文字を入力する際に便利だが、いちいち右クリックするのも面倒な場合は、テキストボックスをクリック後、図形をクリックすると自動的にテキストの追加を実行した状態になる。
ワードの機能でも同様だが・・・
e0080122_853311.gif

どっちが面倒くさいんだ?って話もあるが、使いやすいほうでいいんじゃないかと。
[PR]
by slayer0210 | 2005-09-27 08:06 | エクセル一般

作業列を使用せずに合計

数種類の商品の売り上げ金額を求める場合は、普通は下図などの表を用い
総合計は、各商品の金額をSUMで求める。
しかし、一発で総合計を求めたいときがある場合は、SUMPRODUCTやSUM(配列)を使うと便利だ。
配列を使用する場合は、数式を入力後 Shift + Ctrl +Enter を押すと{ }が表示される。
e0080122_22431521.gif

[PR]
by slayer0210 | 2005-09-26 22:45 | エクセル一般

フィルタリングしても連番維持

e0080122_001657.gif


連番をつけているデータをオートフィルタすると勿論、連番が崩れてしまう。
そんな場合は、連番をつける際に関数を使用すると良い・・・
この場合は、A2セルに=SUBTOTAL(3,$B$1:$B2)-1
と入力し、後はオートフィルで下までコピー。しかし、こんな状況ってめったにないだろうけど。
まぁ、データの件数を数えるときには、役に立ちそうだ。
[PR]
by slayer0210 | 2005-09-22 00:00 | エクセル一般