5円単位で表示する

最近、お金のやり取り時に「1円玉があると面倒くさいから、最小単位を5円にしませんか?」との提案があった。
確かに今までは税込価格に直すと、かなりハンパな金額などが出てきてた。
e0080122_2351528.gif

こんな場合はMROUND関数を使うと便利だ。
式は、『=MROUND(数値,倍数)』 というような感じだ。
今回は5円単位にしたかったので、倍数に5を入れた。

ただ、この関数を使用する場合は、分析ツール アドインを組み込まなければならない。
e0080122_23132080.gif

メニューバー「ツール」 → 「アドイン」 で上図のダイアログが開くので分析ツールにチェックを入れる。
[PR]
# by slayer0210 | 2006-03-07 23:15 | エクセル一般

関数でシート名を返す

ちょっと前の話だが、「任意のセルにシート名を表示させたいんだけど・・・」と頼まれたことがあった。
最近ではマクロ等を使って求めるケースが多かったが、初心に戻って関数で求めてみた。
シート名などを求める場合はCELL関数を使用すると便利だ。
=CELL("filename")』この式を求めたいセルに入力する。
すると少々長いがシート名が絶対パスの形で表示される。
e0080122_17463115.gif

ま、絶対パスのままでも構わないのだが、シート名だけって場合にはちょっと加工して
=MID(B2,FIND("]",B2)+1,LEN(B2)-FIND("]",B2))』という式を立ててみた。
これだとシート名だけが表示されてスッキリしている。
勿論、式一つでも大丈夫だが、あまりにも長々とした数式は自分的に興ざめするので、B2を作業セルに見立てた。
[PR]
# by slayer0210 | 2006-03-04 17:50 | エクセル一般

セルの内容を横方向へ分割する

以前にある人から、「請求書などで使いたいので、1つのセルに入っている金額などを1個ずつ別のセルに分割してくれ」と言われたことがあった。
下図で説明すると(図が単純たが・・・)内容を横方向へ分割するためにはCOLUMN関数を使うと便利なので、
B2に『=MID($I$4,COLUMN()-1,1)』と入力しあとはコピーする。
しかし、このままでは左にそろった状態なので多少体裁が悪かった。

で、右揃えで表示させたかったのでB4セルに
=MID(REPT(" ",6-LEN($I$4)) & $I$4,COLUMN()-1,1)』と入力。
この式の説明で数字の「6」だが、自分の仕事内容では6桁以上の数字を入力することはないので
桁数を6桁に限定しただけだが。
必要に応じてここの桁数は変更してもいいと思う。
e0080122_9424922.gif

[PR]
# by slayer0210 | 2006-02-22 09:45 | エクセル一般

REPT関数

REPT関数は指定した文字列を指定した数だけ返してくれる便利?な関数だ。
例えば下図のように、『=REPT("■",C3)』と入力すれば、その数だけ■を返す。
繰り返し回数に小数点などを指定すると、切り捨てられてしまう。指定できるのはあくまでも正の整数だ。
e0080122_15503558.gif

実際には、こんな形でグラフを作る人がいるとは思えないが、そっけない表が少し派手になってよかった。
[PR]
# by slayer0210 | 2006-02-20 15:53 | エクセル一般

行数と列数を求める

以前にROW関数で行番号などを求めてみたが、今回は選択した範囲の行数と列数を。
個人的にはマイナーな関数だ。
下図の、グレーで塗りつぶされた範囲の行数列数を数えてみる。
行数を数えるときは、任意のセルに『=ROWS(B4:E15)』と入力する。
列数は『=COLUMNS(B4:E15)』だ。
e0080122_1838995.gif

やはりマイナーではあるが、何かの折には使えるかもしれない。
[PR]
# by slayer0210 | 2006-02-17 18:40 | エクセル一般